新型コロナウイルス感染症に対する当院の取り組み・対応について

令和2年4月現在、日本や世界中で新型コロナウイルス感染症がまん延しています。

当院では、患者様が安心安全に診療を受けられるように以下のように取り組んでいます。

玄関・診察室入り口にアルコール消毒液を置いています。

受付には、飛沫(ひまつ)感染を防ぐために透明シートを設置しています。

診察室では、飛沫(ひまつ)感染を防ぐために医師との間に透明アクリル板を設置しています。

医師をはじめ、スタッフ全員マスクを着用しています。手洗い・アルコール消毒も頻回に行っています。

患者さんにもマスク着用をお願いしています。マスクをお持ちで無い患者さんには、当院手作りの簡易マスクを配布しています(作成時も消毒しています)。

待合室はもともとプライバシー確保のために、一人がけのソファと観葉植物での間仕切りをしています。他の患者さんとの距離も充分確保しています。

待合室や診察室は、スタッフが頻回に消毒・洗浄しています。

換気もこまめに行っています。

手で触れる機会を少なくするために、入り口の自動ドアをタッチ式からセンサー式に変更しました。

診察室のドアノブに触れる事のないように、入り口は開放しています。もちろんご希望があれば、いつも通りドアを閉めプライバシーを確保致します(案内の看護師にお申し出下さい)

発熱している方は、当院の駐車場でお待ちいただいております。感染防止対策の(オリジナル)フェイスガード、防護服を着たスタッフが対応します

他にも、多数の取り組みがあります。

医療機関を受診される事に、不安をお感じになる方もいらっしゃいます。

当院では安心・安全に医療が受けられるよう、知恵と工夫で対応していきます。